2013年06月16日

朝比奈隆&新日本フィルのベートーヴェン/第九&「ミサ・ソレムニス」

■先日、久しぶり(半年ぶりくらいか?)にタワーレコードに行ったとき、店内に第九が流れていました。とくに印象的な演奏ではありませんでしたが、それとなく誰の演奏かとのぞき見ると、朝比奈隆のものでした。そしてそのCDをよく見ると、私の大好きな「ミサ・ソレムニス」と合わせた3枚組でした。「朝比奈の「ミサソレ」聴いてみたい!!」さらに「タワーレコードオリジナル企画」、「限定発売」、「値段2,000円」。で、買っちゃいました。
■朝比奈の第九はクラシックに興味を持ち始めた頃から毎年年末にフェスティバルホールで聴いていました。大学に入った頃からはその習慣はなくなりました。就職後、何年かたった頃、ふと、朝比奈の年末の第九を聴きに行ったことがあります。その時は、第1楽章からソリストも入場しておりました(演奏よりもそのことが印象に残っております)。演奏の方では、テノール独唱〜男声合唱の箇所、非常にゆっくりしたテンポでしたが、妙に感動しました。
■朝比奈の第九、第1楽章はもちろん、第2楽章もスケルッツォにしてはかなり堂々としていますが、第3楽章や第4楽章の歓喜の主題のところなど、意外に淡々としていた印象があります。このCDでは、第3楽章はゆったりした感じで、18分以上かけていますし、第4楽章の歓喜の主題の箇所はテンポは速めですが、思っていたほどのそっけなさはありません。全体にオケの鳴りっぷりがいいです。合唱は優秀。独唱はバリトンの出だしがちょっと弱い。また、すべての反復を実行するのも朝比奈の特徴。
■「ミサソレ」は予想以上のかなりの名演。日本人の演奏とは思えない、と言えば怒られますね。「堂々としている」とか、「スケールの大きな」といった形容が予想されますが、聴いての印象は「自然な演奏」。気負い、力みなどなく、演奏者の意思といったものまでも感じられず、音楽がすっと体の中に入ってくるような演奏です。聴いている途中も、聴き終わった後も、何か心の中が満たされるような感じです。合唱は量感はあまりないですが、非常に優秀。独唱も皆立派。テノール(市原多朗)も日本人離れしています。ライヴならではの演奏の傷もありますが、気になりません。
■録音は、まあまあ、といったところ。第九ではやや乾いた感じの音、「ミサソレ」ではホールの響きが感じられる音です。分離はあまりよくありません。どちらも演奏後の拍手あり。
■衝動買いにしては大成功でした。

同じ音源の(というか、もともとの)CDはamazonでも手に入ります。高いけど。



タワーで買うのがいいでしょう。(今はタワーのアフィリエイトやってないので、リンクは貼っていません。)
posted by yahoon at 20:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日(最近)聴いたCD

2012年04月12日

ショルティ&ウィーン・フィルの「オテロ」

■久しぶりにオペラのCDを仕入れました。35年ほど前の録音ですが、聴くのは初めてです。
icon
icon
『オテロ』全曲 ショルティ&ウィーン・フィル、コッスッタ、M.プライス、他(1977 ステレオ)(2CD)
icon
■同曲の私のお気に入りとしては、カラヤン&ウィーン・フィル&デル=モナコ盤、マゼール&スカラ座&ドミンゴ盤があります。前者は稀代のオテロ歌いであるデル=モナコとカラヤンが組んで、さらにオケが絶頂期のウィーン・フィルという、超豪級の言わずと知れた名盤。後者はオペラ映画のサウンドトラックとして録音されたもので、最盛期のドミンゴが「今しかない!」と切望して録音したもの。指揮はドタキャンしたC.クライバーに代わってマゼールが担当。この盤はドミンゴもさることながら、スカラ座のオケ、合唱も聴きもの。録音もいいのですが、歌手の声がやや小さく録られているのが惜しまれます。
icon
icon
『オテロ』全曲 カラヤン&ウィーン・フィル、デル・モナコ、テバルディ、他(1961 ステレオ)(2CD)
icon
icon
icon
歌劇『オテロ』全曲 マゼール&スカラ座 ドミンゴ、リッチャレッリ、ディアス、他(2CD)
icon
■ショルティ&ウィーン・フィル&コッスッタ盤は、主役がデル=モナコやドミンゴと比べると当然、分が悪いですが、その分、バランスがいい。「オテロ」という "オペラ" を聴くにはこの盤のほうがいいかもしれません。他の歌手も適材適所の声質で、出来に凸凹がない。また、ウィーン・フィルがかなり雄弁な演奏を繰り広げています。合唱も雰囲気満点です。録音もアナログ最後期の優れたもので、オケと歌手のバランスも丁度いい。
■いいCDに出会えました。
posted by yahoon at 18:59| Comment(0) | 今日(最近)聴いたCD

2012年01月07日

フェルトホーフェン&オランダ・バッハ協会

■昨年でもっとも印象深かったコンサートに、フェルトホーフェン&オランダ・バッハ協会の「ロ短調ミサ」があります。下記リンク。
古楽の愉しみ
オランダ・バッハ協会 合唱団&管弦楽団
バッハ「ロ短調 ミサ曲」
■あまりにもよかったので、その後、この組み合わせによる「ロ短調ミサ」、「マタイ受難曲」、「モツレク」のCDを購入。今年に入ってからはこれらを繰返し聴いております。演奏自体にこれといった個性は感じられませんが、なんとも味わい深く、心穏やかになります。
■下記リンクでは「ロ短調」は入手困難となっておりますが、タワーの店頭には何セットか並べられておりました。「マタイ」はHMVでは廃盤扱い。でも、これもタワーの店頭に並んでいました。「モツレク」はHMVのほうがタワーより安く手に入ります。

icon
icon

icon
icon

icon
icon

他のものも見る
icon

■少し値段が高いですが、私的には十分な価値がありました。
■今年はどんな演奏に出会えるかな。
posted by yahoon at 18:20| Comment(0) | 今日(最近)聴いたCD

2010年05月06日

ベートーヴェン最後の3曲のピアノ・ソナタ

■ゴールデン・ウィークは部屋の引越しで慌しい毎日でした。まだまだ片付いていません。とくに、CDはラックへ雑に詰め込んだだけなので、どこにどの曲が入っているのやら。。。それどころか、肝心のステレオのスピーカー・コードの長さが足らず、音楽が聴けない状況です。早いうちに買いに行かねば!
■4月後半はベートーヴェンのピアノ・ソナタ第30、31、32番のCDばかりを聴いていました。現在手元に残っているのは4種類だけです。いずれも3曲が1枚のCDに収録されています。お気に入りの演奏でしたが、最近はあまり聴いていませんでした。改めて聴きなおすと、いずれも「この曲はこれだ!」という決定打に欠けるものでして、理想的な演奏というのは結局、自分で演奏せねば・・・無理!
■やはり、定評のあるR.ゼルキン最晩年のウィーンでのライヴ録音が一番しっくり来ています。けど、私はライヴ録音を好まず、このCDは最初と最後に拍手も入っているのであまり好きではありません。ライヴ録音でも、A.シフの演奏はCD録音用のきわめて優れた録音で、客席ノイズがないし、演奏の完成度も高いです。演奏自体も割と気に入っています。緊張感がありながらも適度に力の抜けたこの曲にぴったりな演奏です。前期〜中期のときよりも少し思いいれが入っているようであります(これは私にとってマイナス)。
iconicon iconicon
■あと2つは、バレンボイム(DG盤)と仲道郁代です。前者はよく整った演奏ですが、少しあざとい印象も受けます。後者は前期ピアノ・ソナタでは曲の運びが鈍重な印象でしたが、中期〜後期では深みがあり、じっくりと聴き込むのに適していると思っていたのですが、今回聴きなおすと、やっぱり少し重たく感じることがありました。
iconicon iconicon
■数多く収集したところで、一長一短あるでしょうから、買いあさることはせず、そのときの気分でこれらのCDを聴き分けていきたいと思います。ポリーニが再録音するとか、ツィメルマンが録音することになれば迷わず「買い」でしょうけど。
posted by yahoon at 00:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日(最近)聴いたCD

2010年04月14日

フランチェスカッティ&ワルターのベートーヴェン/ヴァイオリン協奏曲

■最近、車には標記のCDを積んでいまして、たまに聴いています。昨日、現場へ向かう途中、FMでヤンセン(ヴァイオリン)のブルッフのヴァイオリン協奏曲のすばらしい演奏を聴きましたので、今日、現場へ向かうときにも何かヴァイオリン協奏曲を聴きたくなり、同盤を取り出しました。
■私はステレオ録音しか聴かない主義なので、私の愛聴盤の中では最も古い録音のひとつとなります。同曲はいろいろな演奏のCDを所有しており、それぞれにいい演奏が聴かれます。同盤は艶やかで伸びやかなヴァイオリンの美音が特長となっています。
■家で改まってCDを聴く場合は新しい録音のほうが音がいいので古い録音は分が悪いのですが、車で聴く場合には録音の良し悪しはあまり関係ないので、かえってこのような往年の名演のほうがいいように感じます。

※ブログのタイトル、野暮ったかったので変更しました。
posted by yahoon at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日(最近)聴いたCD