2013年08月07日

ダイクストラ&バイエルン放送合唱団のモーツァルト/大ミサ

■モーツァルトの大ミサは私の好きな合唱曲の一つです。20年くらい以前、合唱団に所属していましたが、仕事が忙しくて合唱団をやめようかなと思っていたときに練習していた曲で、「ホザンナ」の8部合唱によるフーガの最後が決まって、練習会場にその響きが広がったのを聞いて、「やっぱり辞められへんわ」となって、それからしばらく合唱団を続けることになった曲です。
■これまでの愛聴盤としては、カラヤン&ベルリン・フィル、レヴァイン&ウィーン・フィル、バーンスタイン&バイエルン放送管があります。いずれもモダーン・オーケストラの立派な演奏です。評判のいいガーディナーの盤は、「レクィエム」ともども、私の心には響いてきませんでした。
■今回取り上げたダイクストラ盤は、オケがミュンヘン室内管、合唱はダイクストラの手兵のバイエルン放送合唱団。非常にうまい合唱団です。オケが室内オケということもあり、全体になんとも清々しい演奏です。独唱もこの演奏に沿った歌唱です。ソプラノなんかはもう少し深みがあってもいいかなと思います。でも、そんなに深みを追及する曲でもないと思うので、問題はありません。
■HMVレビューには版について書かれており、この演奏は「完成ヴァージョン」を使用しているとのことです。まあ、私はこの曲に限らず、版については何の頓着もありません。というか、分かりません。ベートーヴェンの「英雄」第1楽章終わりのトランペットが欠落するほどの違和感は、このCDにはありませんでした。「クレド」が幾分賑やかに感じたくらいです。
■この曲のスタンダードとなりえる演奏ではないかと思います。たいへん気に入りました。

icon
icon
ミサ曲ハ短調 ダイクストラ&バイエルン放送合唱団、ミュンヘン室内管弦楽団
icon
posted by yahoon at 21:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 新譜の感想
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/72011432
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック