2013年06月16日

朝比奈隆&新日本フィルのベートーヴェン/第九&「ミサ・ソレムニス」

■先日、久しぶり(半年ぶりくらいか?)にタワーレコードに行ったとき、店内に第九が流れていました。とくに印象的な演奏ではありませんでしたが、それとなく誰の演奏かとのぞき見ると、朝比奈隆のものでした。そしてそのCDをよく見ると、私の大好きな「ミサ・ソレムニス」と合わせた3枚組でした。「朝比奈の「ミサソレ」聴いてみたい!!」さらに「タワーレコードオリジナル企画」、「限定発売」、「値段2,000円」。で、買っちゃいました。
■朝比奈の第九はクラシックに興味を持ち始めた頃から毎年年末にフェスティバルホールで聴いていました。大学に入った頃からはその習慣はなくなりました。就職後、何年かたった頃、ふと、朝比奈の年末の第九を聴きに行ったことがあります。その時は、第1楽章からソリストも入場しておりました(演奏よりもそのことが印象に残っております)。演奏の方では、テノール独唱〜男声合唱の箇所、非常にゆっくりしたテンポでしたが、妙に感動しました。
■朝比奈の第九、第1楽章はもちろん、第2楽章もスケルッツォにしてはかなり堂々としていますが、第3楽章や第4楽章の歓喜の主題のところなど、意外に淡々としていた印象があります。このCDでは、第3楽章はゆったりした感じで、18分以上かけていますし、第4楽章の歓喜の主題の箇所はテンポは速めですが、思っていたほどのそっけなさはありません。全体にオケの鳴りっぷりがいいです。合唱は優秀。独唱はバリトンの出だしがちょっと弱い。また、すべての反復を実行するのも朝比奈の特徴。
■「ミサソレ」は予想以上のかなりの名演。日本人の演奏とは思えない、と言えば怒られますね。「堂々としている」とか、「スケールの大きな」といった形容が予想されますが、聴いての印象は「自然な演奏」。気負い、力みなどなく、演奏者の意思といったものまでも感じられず、音楽がすっと体の中に入ってくるような演奏です。聴いている途中も、聴き終わった後も、何か心の中が満たされるような感じです。合唱は量感はあまりないですが、非常に優秀。独唱も皆立派。テノール(市原多朗)も日本人離れしています。ライヴならではの演奏の傷もありますが、気になりません。
■録音は、まあまあ、といったところ。第九ではやや乾いた感じの音、「ミサソレ」ではホールの響きが感じられる音です。分離はあまりよくありません。どちらも演奏後の拍手あり。
■衝動買いにしては大成功でした。

同じ音源の(というか、もともとの)CDはamazonでも手に入ります。高いけど。



タワーで買うのがいいでしょう。(今はタワーのアフィリエイトやってないので、リンクは貼っていません。)
posted by yahoon at 20:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日(最近)聴いたCD
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/69527632
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック