2010年10月18日

キエフ・オペラのヴェルディ/「アイーダ」

■先日は久しぶりのオペラでした。
ウクライナ国立歌劇場管弦楽団
ウクライナ国立歌劇場合唱団
ウクライナ国立歌劇場バレエ(キエフ・バレエ)
2010年10月15日
兵庫県立芸術文化センター 大ホール
■「アイーダ」は初めてでしたのでたいへん期待していましたが、もっとも盛り上がる第2幕第2場では、音楽的にはたいそう盛り上がりましたが、出てくる人が少なくて、視覚的にイマイチでした。凱旋行進曲では兵士たちが入場するのではなく、そこからバレエが始まりましたし、捕虜たちが入場する場面では、アモナスロ一人だけしか入ってきませんでした。
■でも、全体的には満足でした。とくに主役級の2人の女性、アイーダとアムネリスがたいへんすばらしかった。アイーダ役のソプラノはすごい声量で圧倒されました。合唱も人数が少ない割りに引き締まった力強い声でよかった。
■このオペラ、やっぱり、アムネリスに同情してしまいます(参照)。後半のラダメスを何とか助けようとしているアムネリスの姿に涙が出ました。
■やっぱりオペラはいいなと思いましたが、そう何度も行けるものではありません。とくに有名どころでは5〜6万円くらいしますし。今回は1万6千円。これくらいのを2年に1度くらい行ければね。
■CDの紹介です。オペラでもDVDではなく。。。容姿や演出が固定されるDVDよりも頭の中で自分なりの演出を想像できるCDのほうが繰返し聴くのにはいいと思っています。
icon
icon
『アイーダ』全曲 ムーティ&ニュー・フィルハーモニア管、カバリエ、ドミンゴ、他(1974 ステレオ)(3CD)
icon
私のもっとも好きなのはカラヤン&ウィーン・フィルの新盤ですが、ここでは生のオペラを見た後なので、ムーティ盤を紹介します。いまや巨匠の域に達したムーティですが、これはまだまだ若い頃の演奏で、すごい勢いがありオペラティックな雰囲気も満点です。歌手陣も当時の最高キャスティング!今ではこんな歌手たち、どこにもいません。これでオケ&合唱がスカラ座だったら言うことないのですが。。。ちょっと気になるのは、第2幕第2場の最後の終わり方。私が持っている版だけかどうか分かりませんが、フェイドアウトしているようです。こんなに盛り上がっておいて最後にこれ?と、がっくりです。まあ、些細なことですが。
posted by yahoon at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | コンサートの感想
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/41387392
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック