2010年09月23日

カラヤン&ベルリン・フィルのベートーヴェン/第九(1977年東京ライヴ)

■いまさら、カラヤンの第九なんて、、、と思いつつも、やっぱり買ってしまいました。もちろん、第九も含めてカラヤンのベートーヴェンはいずれも好きです。しかし、第九はモノラル盤からステレオ盤、映像作品、すべてを所持しておりましたので、やっぱり「いまさらもういいや」という感じでした。
■しかし!!今度のは何が違うかといえば、合唱団です!!カラヤンの第九といえば1977年のジルベスターコンサートの映像作品を除けば、悪名高いウィーン楽友協会合唱団でした。なので、カラヤンの第九では常に合唱に不満がありました。
■今回のは日本で編成された合唱団です。かえってこのほうがいい演奏になりそう、、、という予感から購入に至ったしだいです。
■実際に聴いてみると、やっぱり、カラヤン&ベルリン・フィルの演奏はいつもどおり最強で、ようやくそれに見合う合唱の入った第九が聴けた!という感じです。
■ソリストはいつもの顔ぶれとは少し違っていますが、そつのない演奏。ソプラノ(ヘンドリックス)がリリックな感じで、私の好みには合いません。最後の全集でのペリーのよう。バス(ゾーティン)はこの頃の常連であるダムよりも深々した声で私の好み。60年代のベリーのよう。
■FM用のライヴ録音なので、スタジオ録音のようないい音は望めませんし、ライナーノートにはこのときの録音機材のトラブルのことについて書かれてあります。このトラブルによるマイナス面は私にはよく分かりません。トラブルがあってこの音質であれば、今回発売された他の曲ではさらにいい音質なのでしょうか?気になるところですが、第九のように合唱団が違うという理由もないので、いまさらもういいや。。。
■あと、ライヴなので細かな演奏の傷もあります。合唱団の男声がひっくり返る場面もあります。演奏後はやはり余韻を味わうまもなく拍手が入ります。しかし、先に発売されている1979年の「普門館ライヴicon」のような聞き苦しいものではありません。
■新たな感動はないにしても、これはなかなかいい掘り出し物です。
■なお、70年代の全集ではオケと合唱が別録りで合成されていると聞いていますが、もし、合唱のない状態での音源が残っていれば、優秀な合唱団で再度録りなおしして欲しいところです。
icon
icon
交響曲第9番『合唱』 カラヤン&ベルリン・フィル(1977東京 ステレオ)
icon



※ライナーノートには第7番冒頭でオーボエ奏者が入りを間違えたミスがあることが書かれてあります。購入を考えている人はそのつもりで。
posted by yahoon at 18:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 新譜の感想
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/40887787
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック