2010年09月23日

ロ短調ミサ(大フィル定期)

■またまた久しぶりの書き込みです。今年はクーラーのない部屋に移ったので、夏場は窓を開けっ放しだったので、音が外へ漏れるのを嫌って音楽はほとんど聴いていませんでした。ヘッドホンすると耳周りが暑いし。
■昨日は久しぶりにコンサートへ行きました。7月に漫談のような錦織健のリサイタルに招待券もらって行って以来です。大フィル定期でバッハのロ短調ミサ。
指揮:ヘルムート・ヴィンシャーマン
ソプラノT:市原 愛
ソプラノU・アルト:加納悦子
テノール:櫻田 亮
バリトン:河野克典
合唱:大阪フィルハーモニー合唱団
■予想以上にすばらしかった。出だしのスローテンポで、「こりゃ聴くの大変だ」と思いましたが、すぐに慣れるというか、通常のテンポに戻ったという感じでした。声楽もみんなよかった。失礼ながら、大フィル合唱団があそこまで上手いとは思っていませんでした。
■そして何より、90歳の指揮者のパフォーマンスが面白かった。途中に休憩が入ったのですが、前半終了時に誰も拍手しなかったので楽譜を持ち上げて客席に向いて大きなジェスチャーで楽譜を閉じました。また、終了後も合唱団のひな壇まで上がって合唱団に混じってお辞儀したり、女性ソリストの手を取ったまま一緒に舞台袖に引っ込んだり。。。
■この曲については私はあまり明るくはないので、演奏がどうのこうのというのは分かりませんが、コンサートでは鳥肌が立つ瞬間が一度でもあればそれで満足と思っていますので、昨日は何度かそういう場面があってよかったです。
■で、いつものように、私の愛聴しているロ短調ミサのCDを紹介しておきます。巷の評判はあまりよくないようですが、私は「マタイ受難曲」とともに小澤&サイトウキネンの演奏が好きです。このような曲はやはり合唱が上手く、空気感の感じられる録音がいいと思います。
icon
icon
ミサ曲ロ短調 小澤征爾&サイトウ・キネン・オーケストラ、ボニー、キルヒシュラーガー、他(2CD)
icon
ついでに「マタイ」も
icon
icon
マタイ受難曲 小澤征爾&サイトウ・キネン・オーケストラ、エインズリー、クヴァストホフ、他(3CD)
icon
posted by yahoon at 17:20| Comment(0) | TrackBack(0) | コンサートの感想
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/40887086
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック