2009年10月23日

パッパーノ&聖チェチーリアのヴェルディ/レクィエム


icon
icon
レクィエム パッパーノ&聖チェチーリア国立音楽院管、ハルテロス、ヴィラゾン、他(2CD)(デジパック限定盤)
icon

■パッパーノはヴェルディのレクィエムを実演ではあちこちで取り上げていたようですが、このたび音楽監督を務めるサンタ・チェチーリアのオーケストラ、合唱団を率いてのライヴ録音が登場しました。ライヴといっても何日かの演奏会のいいとこ取り(ゲネプロも含めて?)の編集ものです。拍手や会場ノイズはありません。
■全体の印象としては少しこじんまりとした感じで、これまで出ている同曲の「名盤」といわれるものと比較すると何かあと一息足りないというか、一皮剥けていないというか、格が違うというか。。。
■でも、どこがどうというのはありません。強いて言うならオケの力量が世界トップクラスに比べて劣るかなというくらいでしょうか。といってもこのオケ、イタリアのオケということもあってかなり有機的に歌っていて、雰囲気はいいです。合唱もスカラ座に似た力強さがあります。独唱もやっぱり往年のトップスターよりもスケール感はありませんが、粒がそろっていて、いいアンサンブルを聴かせてくれます。男声陣がよく、とくにヴィラゾンのテノールが光っています。パーぺのバスは耳を凝らして聴くと、細かいところの詰めがやや曖昧な気がします。
■パッパーノの指揮は、軽快できびきびしたもので、この長大な曲を聴きやすくしています。弱音部でテンポを下げ、強奏部でテンポを上げるのはイタリア人指揮者の特性でしょうか?でもムーティほど激しくはありません。大見得を切ることなく、適度に抑制のきいた表現でまとめています(これが上記の全体の印象の原因か?)。全体にオペラティックな雰囲気を作り出しています。
■私が好きなのはアバド&スカラ座盤iconカラヤン&ウィーン・フィル盤iconアーノンクール&ウィーン・フィル盤iconですが、アバド盤では独唱アルトの声質が私好みでないし、カラヤン盤ではトランペットが非力で、「ディエス・イレ」で息切れを起こしています。そういうことを考えると、当盤は全体にそつなくまとまっていると思います。アーノンクール盤は完璧です。ただ演奏の方向性がまったく違います。
■というわけで、じつは今後残りうる名盤になるのかもしれません。

※今回からリンク先を@TOWER.JPではなくHMVにしています。
posted by yahoon at 18:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 新譜の感想